タワーバーとロールバーの役割について

現代の生活に必要な物に、自動車という物があります。これは、主にガソリンなどを燃料とするエンジンの付いた車で、運転者が運転をすることによって、遠くの場所へ短時間で移動できる乗り物です。自動車は、日本においては、戦後の自動車産業の発達によって一般庶民にも広がり見せ、今や一家に一台はあるといっても過言ではない物です。

 
この自動車にも様々な種類があります。乗用車と呼ばれる4,5人乗りのタイプや、軽自動車と呼ばれる車体やエンジンの排気量が小さいタイプ、それから、トラックと呼ばれる荷台のあるタイプなどがあります。

 
と同時に、自動車関連の部品も様々です。そういった部品には、一般の自動車には装備されていないけれども、馬力があって動きが俊敏な、スポーツタイプの自動車には標準で装備されていたりする物があります。そういった部品には、まず、タワーバーという物があります。これは、車が曲がる際に車体に負荷が掛かり、それによって歪みが生じたりするのを防いだりする役割があります。また、ロールバーという物もあります。これは、車が横転したりした際にも、運転者の乗っている場所を保護するといった役割があります。このように、一言で自動車といっても、自動車のタイプによって装備されている部品に違いが見られます。