調整ボルト方式(ジョイントタイプ)の特徴

サスペンションとボディの剛性を強化するパーツであるタワーバーですが、調整機能の有無により2つの種類に分類されます。調整機能の無いタイプの場合は一本の材料のみで製作されていますが、調整機能のあるタイプのものは中心部に長さを調整するためのボルトが組み込まれており、このタイプのタワーバーを調整ボルト方式(ジョイントタイプ)と呼んでいます。

 
この方式のタワーバーは、調整機能が無いタイプよりも価格が割高になりがちなのがネックですが、左右のサスペンションを連結する際に自在に長さを調整することが可能なので、自分の好きなセッティングを実現できるというメリットがあります。

 

}PgžxQ
一般の人はなかなか気がつきませんが、車というものは走行時、路面からの圧力によって常に歪んでいます。歪み自体は圧力を吸収し、走行時の快適性を保つ重要な役割を果たしているのですが、同時にコーナリング性能やトラクション性能も低下させています。そうなると微妙なステアリングに影響が出て、ドライバーの意図どおりに車を操作することが難しくなってしまうのです。このような場合に調整可能なタワーバーを装着すれば、ステアリングの応答性能が高まり、自由に車を操る感覚を手にすることができます。

Comments are closed.