溶接固定方式(ジョイントレスタイプ)の特徴

タワーバーには、種類があります。

タワーバーとは、自動車の足回りのエンジンを改造して、出力を大きくする際に使用します。

 

}PgžxQ

サスペンション(緩衝装置)同士をつなぐ、棒状の部品のことです。タワーバーに使用されている金属の種類は、鉄・アルミニウム・ドライカーボン・アルカーボンがあります。取り付け方法は、溶接固定方式(ジョイントレスタイプ)と調整ボルト方式があります。前者は、その名のとおり金属の溶接によって車体と商品を固定します。後者は、ボルトで固定する方法です。ここでは主に、溶接固定について述べます。溶接固定は、車体と商品のサイズに誤差があるときに行います。溶接する金属は、鉄・アルミニウム・チタンなので、強度に優れています。また、腐食しにくい利点があります。しかし、あくまでも溶接なのでそこの部分が強度においての弱点でもあります。車体と商品の誤差がないときは、取り付けるだけです。溶接は必要ありません。ジョイントがない分、強度に優れています。主にレーシングカーに使用されています。後者は、車体と商品のサイズに誤差があれば取り付けのときに調整が必要です。

 

自身でも可能な作業です。しかし、接続部にネジが入ります。よって、強度においては溶接固定に劣ります。

Comments are closed.