NAタイプ・NBタイプについて

マツダロードスターは1989年に発売されたライトウエイトオープンカーで発売以来爆発的な人気を誇ることになりました。

 

 

NAタイプは初期型、そしてNBタイプはその後93年にモデルチェンジした後継タイプのクルマのことをいいます。こうしたクルマを競技で利用するときにはまさかの時の事故でクルマが横転などした際にドライバーゾーンを守るためにロールバーを装着することで負傷リスクを大幅に軽減することができるため、パーツとして装着することが義務づけられますが、日常的に利用する場合でも同様にロールバーを装着することがあるのです。安全保安基準に適合したものであれば、車検も通すことができますし、よりセーフティドライブを実現することができるのです。車体への設置箇所は4点のものと6点のものがありますが、当然のことながら設置箇所の多いほうが堅牢で効果も高くなるものとなっています。

}PgžxQ

 

 

ただ6点もののほうが構成部材も多くなり、重くなりますし、なによりも場所をとるためコックピットの居住性が落ちるといった部分もでてきますので、選択にあたってはその機能と効果の両面をチェックして選択していくことが重要となってくるのは言うまでもありません。

Comments are closed.